未浜杏梨 金子修介対談

未浜杏梨、金子修介対談 withじんの

 

じんの「金子さんがまず、未浜さんをどういう風に注目して、じんのに紹介することになったのでしょうか?」
金子「2回ステージを見ただけなんですけれども」
未浜「ルドビコで」
金子「会ったのも1回か2回なんだけど。目立つ子だって言うことで、記憶に残っていて、まぁ、じんのっていう、長い知り合いの彼が、『櫻の園2』を再演するので、アイドル的な女優を探してると言うから、女子高生ができる女優と言うことでぴんときて、ちょっと、連絡してみたと」
じんの「金子さん結構いろいろ芝居とか見ているじゃないですか、いろんな女優を見てきている中で、ピンポイントで彼女!、と、いうのはどういうところだったんですか?」
金子「そうだな、ちょっと大人っぽいと言うことと、いわゆる一般的に、一般的なアイドルの、アピールの仕方が、ちょっと違って、女優方向だったっていうのもあると思う。そういう風に思わせるというか」
じんの「それは演技で? 存在みたいなもので?」
金子「存在も演技も一緒ですかね。全部ね。ひっくるめたね。言葉としてはあんまり媚びていない感じと言うのは感じたけど。それは本人が媚びてるつもりはないかどうかわかんないけど、舞台で、輝くって言う意味では、いろいろ可能性があるんじゃないかなと思って推薦したら、うまくつながったっていうことで」
じんの「ちょっと、話はそれるかもしれないんですけど、アイドルを実際に映画に起用をしたりとか、ということも含めて、基本的に(金子さんは)アイドル好きじゃないですか? 笑」
金子「(笑)基本的に?」
じんの「そもそも好きじゃないですか? それで、あの「この子はいける」とかっていうのは自分の感覚が1つのメーターとしてあると思うんですけど、そのメーターは、なにを指し示す、推し量るメーターなんですかね」
金子「いやそれは…」
じんの「それか好き嫌いでしかないものなんですか(笑)?」
金子「それは好き嫌いでしかないんだけど(笑)そのメーターが振れると成功する確率は高いっていうか、確率の問題だよね、失敗することもあるけれど(笑)」
未浜「なんかそうやって満島さんとか、ほぼ無名だった人を発掘されているとか、そういうのめっちゃ調べて、今回こうやって呼んでくださって、これからどんどんなっていけばいいなって思うんですけど(笑)」
金子「そうね、なってくれればいいけど」
未浜「嬉しかったんですけれども…」
金子「でも、おとなしいタイプだよね?」
未浜「大人しいというかやっぱり、アイドル舞台には結構何回か、出させていただいてるんですけど、あんまりアイドルアイドルできないんですよね。頑張ってあのくらいみたいな。(笑)さっき、媚びない感じって言ってくださったんですけれども、そういうところはあるかもしれないです。苦手というか、でもお芝居がしたいから、お芝居を頑張りたいなみたいな。」
金子「ちょっと、印象的に、体温が低い感じがするんだよね(笑)」
未浜「そうですね振られる役とかも、テンションが高くないような役が多いですね。」
金子「でもこれからはテンションは高いやつもやって行かなきゃいけないわけでしょう?」
未浜「そうですね、はい」
金子「そもそも何がきっかけでお芝居を始めたの?」
 (つづく)

 

注 ルドビコ 
私立ルドビコ女学院。学園型演劇集団「聖ルドビコ学園」の新体制。「聖ルドビコ学園」は、作・演出家である桜木さやかの企画によって、2004年に旗揚げ。 観客を生徒に見立て、架空の女学園で巻き起こる物語を贈る、新しい形の劇団として人気を博すも、2013年7月に閉校。 新たに「私立ルドビコ女学院」として、設定は引き継ぎ、登場人物を女子高生とシスターに限定し、女性のみのキャストでより深く世界観を構築する。

満島ひかり

『ウルトラマンマックス』(中部日本放送)で金子修介に抜擢され、主演舞台も用意されるなど一部では注目された。

長いつきあい

じんのひろあきの26歳での映画脚本デビュー作『ラストキャバレー』の監督が金子修介さん
同作にて、亀有映画祭脚本賞受賞。